腋臭の基礎知識

腋臭はなぜ起こるのか?

私たちの肌の表面には「汗腺」というものがります。この汗腺には2種類あり、ひとつは「エクリン汗腺」、もうひとつは「アポクリン汗腺」と言います。これに加えて「皮脂腺」という器官があり、これら3つの器官から出る分泌物が腋臭に関係しています。

腋臭とは、汗腺類からの分泌物(脂肪分やタンパク質)が皮脂の常在菌(細菌)によって分解され、ワキガ臭となる強い腐敗臭を発生するということなのです。

以下に、それぞれの器官の働きや特徴を解説します。

エクリン汗腺

エクリン汗腺は前進に分布しており、直径0.4ミリという小さな組織であることから「小汗腺」と呼ばれています。皮脂表面から1〜3ミリと、比較的浅い部分にあり、皮膚表面に開口して汗を分泌しています。いわゆる、暑いときにかく、あの汗です。

ここから分泌される「エクリン汗」は、皮膚表面で蒸発することで、熱を発散させる働きがあります。暑いときに汗をかくのは、これによって体温を下げるのが目的です。成分の99%は水分で、わずかに塩分を含み、汗自体は無色、無臭でサラリとしているのが特徴です。「汗臭い」と言われるのは、かいた汗をそのままに放置することで、皮膚上で雑菌が繁殖し、ニオイの原因になっているのです。

この汗腺は皮膚の1センチ四方に平均100個、前進で約230万個も存在すると言われており、一日に平均なんと1.5〜2リットルもの汗を出しています。ひとつひとつは小さな存在ですが、じつはかなりの働き者の器官なのです。

ちょっとした気温の変化や精神的な緊張などで、すぐに汗をかいてしまう汗っかきの人は、このエクリン汗腺の働きが活発な人ということが言えます。もちろん、多汗症のカギを握るのもこのエクリン腺です。

アポクリン汗腺

一方、アポクリン汗腺はエクリン汗腺の10倍ほどの大きさがあります。そのため、「大汗腺」とも呼ばれています。エクリン汗腺より皮膚の深いところにあり、開口部は毛穴につながっています。そのため、脇、耳の中、乳首、へその周辺、陰部など、体毛の濃いところだけに存在します。でも、なぜか頭皮には存在しません。

「アポクリン汗」はエクリン汗と比べると、分泌量が少なく、成分に脂肪やタンパク質、色素、蛍光物質などを含み、少し粘り気があるのが特徴です。一度、汗をかくと24時間ほど活動を休止するという点からも、エクリン汗腺とはかなり違った働きをしていると考えられています。しかしながら、実際のところ、このアポクリン汗腺の働きは、まだはっきり分かっていないのが実情です。ただ、ストレスや精神的な緊張だけでなく、性的な興奮などでも発汗することや、汗腺が限られた部分だけに分布していることから、フェロモン分泌管としての働きがあるのではないか?と推測されています。

皮脂腺

アポクリン汗腺と同様、毛穴に開口して脂肪分を分泌する器官です。ここから分泌された脂肪はエクリン汗と混ざり合い、皮膚表面に薄い膜をつくり、肌を保護する役割を持っています。

皮脂の分泌量が多すぎると、肌がベタつきオイリー肌となりニキビの原因に、少なすぎると肌が乾燥しドライ肌に。女性の肌トラブルにこの皮脂腺が深く関係しています。

腋臭はこれら3つの汗腺が微妙に関係し合っています。その中心になるのがアポクリン汗。本来、アポクリン汗にもニオイはありません。しかし、そこに含まれる脂肪分やタンパク質が、皮膚にある細菌によって分解されると、強い腐敗臭を発するようになります。これに、皮脂腺からの皮脂が加わり、さらにニオイが強まります。

そして、この「ニオイの元」がエクリン汗によって、脇全体に広げられ、ワキ毛にからまることで、ニオイが発散されます。これがワキガ臭の正体です。汗腺類からの分泌物と皮膚表面に住み着く細菌。これらが揃ってはじめて、腋臭のニオイを発するのです。

次へ:腋臭に関する疑問

PAGETOP
Copyright © 腋臭と多汗症の悩み解決サイト All Rights Reserved.